明けましておめでとうございます!


間が空いてしまいました。
生きています。
お待たせしてしまい本当に心苦しいです。
なにか公開できるものがあるかといわれると、ありません。
ですが少しずつ進んではいます。
今は星詠みの紡ぐ詩EP3の手を少し止めて「さよならMr.スティーラー」のほうに力を入れています。
EP3の中でスティーラーの舞台出身の人達が出てくるのですが、その人達を書く際にスティーラーの中身をしっかり定めておかなければと思ったからです。
設定は細かく作っても、実際書いてみなければわからないことがたくさんあります。今までもありました。
星詠みの紡ぐ詩EP2執筆中なんかもそういうことがたくさんありました。
キリナやチサやニシマなんてキャラはプロットにはいなかったはずなのに、細部を書いていく過程で生まれました。
これを書くのにこういうキャラが必要だ、これを書いたらより面白くなるのでは、そういう思いから生まれたキャラです。
書いているとそういうことがたくさんあります。
僕は売るために書いているわけではないので、本当に好き勝手書いています。
好き勝手書いていると言いながら筆が遅いのは、面白くしたいという気持ちもまた強く持っているからです。
どうしようもないなと自分でも思います。
最終的に完成しないくらいなら、多少つまらなくても完成したほうがいいに決まっているからです。
でも完成しないまま終わらせるつもりはありません。
納得いくまで悩んで考えながら書きます。

実は昨年からここで推敲まえの文章を公開しています。
「さよならMr.スティーラー」という物語を連載しています。
もちろんすべて書きあげた後、いつものように音楽をつけてフリーゲームとして公開するつもりで書いています。
文章のみというのは本当に味気なく、多分、魅力は半減してしまうとすらいえるので、完成したものを読んでもらうのが一番僕が納得の行く形で内容を伝えられる、感情を動かせるものと思っています。
ですが公開に時間がかかってしまうのも確かです。
想定していた形でなくても、物語の続きをとにかくすぐにでも追いたいという方がもしいれば、覗いてみてください。
推奨はしません。
なんだか宣伝みたいになってしまいましたがまったくそんなつもりはないです。
ただ進んでいるということだけを知ってほしかったのです。
いろいろなところに書かれている感想やメッセージを読んでいます。
とても励みになります。
ここに書かれているメッセージやなんかも返信はしていませんがちゃんと目を通しています。
肯定的な感想じゃなくても はやく続き書けよ! とか まだかよ! とかそういう叱咤であろうと嬉しかったりします。
待ってもらえているとわかるからです。
繫がりを感じられるからです。

なんだか言い訳ばかり、謝ってばかりな気がします。
呆れてもう、見放していったひとたちもたくさんいるのかもしれないです。
仕方ないことだと思います。
「春へと続く丘」でもう書くのは止めようかと考えたこともありました。
ですが書き残したこともあったし、なにより「春へと続く丘」よりも美しいラストを書けるという算段もあったからこそ続けると決めました。
きれいな最後になります。
描きたいものがあるので最後まで書きます。
その最後が嘘くさくならないようなにを書くべきかを悩んで悩んで進めています。
書ききります。
その気持が変わっていないことだけ伝えたかったのです。
こんなことを書いている暇があったら執筆に戻れというのはごもっともだと思います。
戻ります。
みなさんも良い一年を過ごせるよう祈っております。

One thought on “明けましておめでとうございます!

  1. 死舞草から星詠みまで、すべてプレイしました。どの作品も人物や音楽、物語など魅力的で大好きです!
    納得のいくものを作り上げるというのはすごく大変なことだと思いますが、
    1ファンとしては、たとえ時間がかかっても、作者様の書きたいことを余すことなく書いてほしいと思っています。
    完成したら必ずプレイさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。